So-net無料ブログ作成

法人の預金利息と復興特別所得税 [仕事]

東日本大震災復興のため平成25年から25年間、

預金利息や配当に対しても

2.1%の復興特別所得税が課税されます。

そのため、法人が支払いを受けた利息について控除を受けるには

国税を所得税と復興特別所得税に分ける必要があります

(定期預金は、銀行などの計算書から明細が分かります)。


税 率 H24年12月まで H25年~H49年
  国税(所得税) 15% 15%
  国税(復興特別所得税) - 0.315% (15%×2.1%)
小 計 (15%) (15.315%)
  地方税 5% 5%
合 計 20% 20.315%


例えば、平成25年~平成49年に支払いを受けた利息が

手取り800円の場合の計算と

(この計算は、個別にするのが原則ですが

期末に一括して計算しても良いことになっています)

別表への記載は次のようになります。


 利息の総額  800円 ÷ 0.79685 ※ =  1,003円  1円未満切捨て
 国税  1,003円 × 0.15315 = 153円  1円未満切捨て
 (復興特別所得税)  153円 × 2.1 / 102.1 = 3円  50銭以下切捨て、
 50銭超切上げ
 (A)
 (所得税)  153円 - 3円 = 150円  (B)
 地方税  1,003円 × 0.05 = 50円  1円未満切捨て  (C)
※ 1 - 税率 20.315% = 0.79685
( A ) ・・・ 復興特別法人税申告書別表二 1の② へ転記
( B ) ・・・ 法人税申告書別表六(一) 1の② へ転記
( C ) ・・・ 法人都民税事業税申告書第九号の二様式 1の② へ転記




共通テーマ:仕事