So-net無料ブログ作成

復興特別所得税が施行されました [仕事]

東日本大震災の復興財源である復興特別所得税が

平成25年1月1日から施行されました。

復興特別所得税とは、どのような税金で、

我々にも影響があるのでしょうか。


・・・ 源泉徴収の対象となる所得に、

平成25年1月1日から25年間

所得税に加えて2.1%の復興特別所得税が徴収されます。

そのため、給与など手取りの減少となります。



■ 源泉徴収の対象となる所得とは

給料や配当金、預貯金の利子など。

会社など所得税の徴収義務者は、

給料を源泉徴収して従業員に支払います。

このような所得税を源泉徴収することになっている

支払いが対象となります。


■ 税率は

( 源泉徴収の対象となる ) 支払金額等 × 合計税率 (%) です

( 合計税率 (%) とは、所得税率 (%) × 102.1% )。


■ 期間は

平成25年1月1日から平成49年12月31日までの間

に生じる所得です。


■ 誰が徴収するの

所得税の源泉徴収義務者が所得税を徴収するさい

復興特別所得税を併せて源泉徴収することになります。



例えば、(社会保険料等を差し引いた後の) 給料の額が

30万円の場合、源泉税は 8,250円から 8,420円に

50万円であれば 29,280円から 29,890円となります。

税理士の報酬に対する源泉税も、10%の税率が、10.21%になり

税抜き 5万円の場合、源泉税は5,000円から 5,105円にアップ

手取りの減少となります。






共通テーマ:仕事